年収UPのポイントは勤め先と勤務体系

薬剤師求人と転職 - 年収アップを目指すには?

薬剤師求人と転職 - 年収アップを目指すには?

日勤だけで日々の業務を淡々とこなすだけだと、「6年も大学に通って試験にも合格したのに、どうしてお給料はこんなに低いの?」なんて思うこともあるでしょう。確かに、薬剤師資格を取得するまでの期間は長いですし、それに見合うお給料がいただけない場合、愚痴りたくもなるはずです。しかし、年収を上げるにはお勤め先と勤務体制を見なおしてみることです。

例えば入院施設がある病院や、救急患者を受け入れている大きな病院だと薬剤師も夜勤があります。当直だってあります。その手当を含めれば年収をアップさせることだって可能なのです。

大きな病院に勤務することでは、正規職員として採用されるケースが多いため、福利厚生だって充実しているでしょうし、ボーナスだって期待できます。それによって年収もさらに上がるというわけです。

看護師同様、薬剤師も女性が多いと言われていますが、夜勤ができないわけではないですよね? 生活環境が許せば土日祝祭日、夜勤だってこなせるはずです。妊娠子育て期間を除けばできないことはありません。

人の出入りが少ない病床がある施設だと、病棟で医師や看護師とのつながりもできるようです。その場合薬についての相談をする機会もあるようで、やりがいに繋がっていると言われる薬剤師もいます。

調剤という大変な仕事ではありますが、薬局内でのみ働いているのとはちょっと違ってきますよね? 患者さんと接する機会もありますし、病棟での服薬指導なども仕事の中に含まれてきます。

働く時間は不規則になるかもしれません。変動制勤務となるわけですので。しかしそれによって得られるのは年収アップだけではありません。人とのつながりがあることでやりがいすらも得られてくるのです。

施設によっては夜勤がない可能性もありますが、大きな病院だと変動制勤務があるのは確実でしょう。年収アップを目指しているのなら、転職先として大きな病院を候補にあげてみてはいかがでしょう? 正規職員なら待遇も良いはずです。

↑ PAGE TOP