薬局が24時間営業するのが難しい理由とは

何故、薬局は24時間営業が難しいの?

何故、薬局は24時間営業が難しいの?

近年、年中無休24時間営業の店舗が増加傾向にあります。薬局でも、夜間や休日に開局しているところは増えてきています。この背景には、日本薬剤師会が、かかりつけ薬局を推進していることがあります。夜間や休日に開局するよう要請されているからです。

しかし、全薬局がこの要請に対応することは極めて難しく困難なこともあり、別の手段を使って時間外でも対応できるように工夫しています。ちなみに薬局の場合、夜10時~翌朝6時までは深夜営業と薬事法で定められており、この時間帯に利用すると保険の点数が深夜加算されます。深夜営業をしていない薬局が、急患対応で調剤した際にも該当します。

そして、薬事法の規定では、薬局の休日は年末年始(12月29日~1月3日)、日曜祝日が基本となり、あとは薬局によって休日と決められている日も開局すれば保険点数の加算対象になります。

話を戻しますが、先ほども述べたとおり、いくら日本薬剤師会の要請があったとしても、簡単に要請通りの対応ができるわけではありません。ですから、深夜や休日の人材確保が困難な薬局においては、店舗の外に緊急時連絡先として電話番号を提示し、時間外対応可能な薬局であることを示しています。このような工夫をほとんどの薬局が行なっています。

又、エリアによっては、そのエリアの薬剤師会で話し合い、当番制で開局しているところもあります。エリア内で夜間及び休日開局している薬局が1件でもあれば、急患に対応できるからです。この他にも自宅兼薬局の場合は、電話やインターフォンで呼び出せば、時間外でも対応可能になるようにしているケースもあります。

24時間営業のコンビニエンスストアと薬局の大きな違いは、薬局の場合、薬剤師資格保有者がいないと開局できない点です。加えて、深夜営業ともなれば、防犯体制強化面から専用窓口設置が必要になります。このような現状から、薬局は一般の店舗と同様に夜間や休日開局が難しい側面があります。

↑ PAGE TOP