薬剤師求人 - 治験コーディネーターへの転職

薬剤師のキャリアアップ│治験コーディネーターの魅力とは

薬剤師求人 - 治験コーディネーターへの転職

転職先に治験コーディネーターを選んだ場合、転職直後の年収は、平均で300万円前後というところです。経験を積んで昇進し、管理職になると、年収1000万円以上と言う方もいますが、一般的に治験コーディネータ全体の平均年収は400万円前後というところです。努力次第では一般的な薬剤師を上回る年収を得ることも可能な職種です。
私が薬剤師の転職活動で気をつけていた点

薬局やドラッグストア勤務の薬剤師から治験コーディネータに転職する場合に必要とされるスキルとして、コミュニケーションスキルが挙げられます。薬剤師としての知識は当然ですが、医師と被験者の間の意思疎通を図るブリッジ役としての仕事が大変重要です。

中でも、インフォームドコンセントと呼ばれる、被験者に対して治験内容の説明を行なって、被験の同意をもらう作業は、非常にデリケートな作業であり、最も重要な任務です。

治験コーディネータの仕事の最終的な目的は、より多くの患者さんを救うことになる新薬の開発に貢献するという、社会的・同義的に見ても非常に有意義なものであり、それだけにやり甲斐も大きな仕事です。ちなみに、治験対象とされるものには、通常の医療新薬だけではなく、いわゆる「特保」と呼ばれる特定保険食品も含まれています。

又、治験コーディネータに対しては、企業側も自己スキルの向上のための様々な教育支援制度を設けていますので、薬剤師として、更なるキャリアアップをするための職種としての魅力も大きいのです。一例を挙げると、治験コーディネータ時代の実績を評価されて、大手の製薬会社の開発スタッフに転職された方もいらっしゃいます。

このように、治験コーディネータの仕事を、将来の更なる転職を見据えたステップアップの場として取り組むこともよいでしょうし、一生の仕事として頑張っていく事ももちろん素晴らしい事です。被験者と医師の間の板ばさみになることもあり、大変な仕事ではありますが、間違いなく大きなやり甲斐を与えてくれる仕事です。
佐賀県薬剤師会

薬剤師の転職先(研究・開発職編)

「新薬の開発」と一口に言っても、それは驚くほど遠大な工程になります。新薬の開発のためには、病気の治癒に効果のある成分の分析や合成が必要になりますが、製薬企業が苦労に苦労を重ねて見つけ出した成分や化合物も、新薬として世に出る確率は実に6000分の1です。

ですが、研究・開発を止めれば医薬品の進歩はそこでストップしてしまいます。今この時間も、効果のある薬がない病気で苦しんでいる患者さんが大勢いらっしゃることを考えれば、新薬の開発は絶対に不可欠です。膨大な物質のサンプルの中から、毒性が少なく、効果が期待できるほんの一握りの物質が次のステップである開発段階に進めるのです。

開発段階においては、動物や細胞を使用した非臨床試験で、物質が医薬品として有効且つ安全であるかの判断が、GLPと呼ばれる厳格な基準に従って行なわれます。3年から5年かかる非臨床試験を経て、いよいよその薬が人間に対して有効且つ安全であるかの臨床試験が、GCPという別の基準の下に、更に3段階に分けて3年から8年をかけて実施されます。

これらの工程の中でも、問題が見つかり、新薬の候補から消えていく物が殆どです。冒頭で「遠大な工程」と述べた意味がお分かりになったのではないでしょうか。

このように膨大な時間と巨額の費用をかけて行なわれる新薬の開発には、当然の事ながら、薬剤に関する専門的な知識と技術を持った研究者が不可欠になります。その条件で考えれば、薬剤のスペシャリストとして国家資格を保有する薬剤師にとっては、まさにうってつけの職種と言えるでしょう。

研究や開発を通して、薬剤師としての自己の更なるスキルアップを図ることもできますし、社会的な意義も非常に大きな仕事と言えるのではないでしょうか。研究・開発というデスクワークに対する適正もありますが、一番重要な薬剤の基礎となる知識は申し分ないわけですから、意欲がある方には是非お勧めしたい職種です。